弁護士に相続案件を依頼するメリット

相続については体験したことがある人でも確かな法律知識を持っているケースは少ないです。

また、経験をしたことがなければさっぱりわからないのが普通でしょう。

教えてgooをご紹介いたします。

遺言書の書き方、財産を公平に分けたいがどうすれば公平になるのか、そもそも対象の財産がどれで評価額がどれぐらいになるのかの判断がつかないという疑問もあるでしょう。

また、仲の悪い親族がいて遺産分割がもめそうだ、借金が多かった場合はどうしよう、認知症になった場合はどう対処すべきかといった不安も多いと思います。

こういった疑問や不安を解消するために相続に関して弁護士を頼るのは選択肢の一つとして有効です。法的に有効な遺言書の作成、関連する法律を踏まえた確実な手続きといったことに対して的確なアドバイスをもらえますし、経験豊富な弁護士であれば、それぞれの顧客の状況を踏まえてもめない相続を提案してくれるでしょう。

交通事故は弁護士に相談情報をお届けします。

気がかりなのは報酬です。

現在は報酬規程に従う必要はなくなっていますが、この旧報酬規程に従っている弁護士も多いため参考にはなります。

旧報酬規程では、経済的利益が300万円以下の部分は、着手金として経済的利益の8%、報酬金は16%となっています。


さらに300万円超3000万円以下であればそれぞれ5%と10%、3000万円から3億円は3%と6%、3億円超の部分は2%と4%となっています。

弁護士の相続の相談の情報を提供しているサイトです。

これ以外に、日当がかかる場合もありますが、支払うべき報酬の目安として理解しておくといいでしょう。